はな極 ー花kiwamiー プロが教える花贈りブログ

花を贈るにはコツがあった!現役花屋が伝える「花贈りのススメ」

プロポーズ

プロが教える!プロポーズに贈る花の種類、おすすめはコレだ!前編

更新日:

~前編~

よく、プロポーズに花を贈ると彼女が喜びます!って聞くけど・・・・

「そもそも花ってよくわからないんだけどっ!」って思いますよね?よーくわかります!

でも大丈夫です。男性は「花」のこと知らない人がほとんどですから。(ってそれじゃフォローになってない・・・・)

いやいや!それでもプロポーズに花を贈ろうと思ったあなたはりっぱな花贈り男子です!

花のプロの私が認定します!異論は認めません!

なんか花贈り男子って・・・・良い響き!じゃないですか?(笑)

今回の記事は長くなりますので前編・後編の2部構成で書きたいと思います。(当初は1記事で書く予定でしたけど思いのほか長くなりましたので・・・)

プロポーズで花を贈ろうと思ったあなたに、花屋のプロがこっそり教えちゃいます!

  • どんな風に花を選べばいいのか?
  • プロポーズギフトの花ってどんな種類があるの?
  • プロポーズに向いている花って?
  • そもそも何の花を贈れば喜んでもらえるの?

全部まとめて答えます!

題してプロポーズにどんなフラワーギフトがあるの?プロの目線で答えます編 スタートです!

それではお付き合いください。

プロポーズの花ってどんな風に選べばいいの?どう考える?

花を選ぶのって難しいですか?

というより何から考えればいいの?って感じですよね。

プロポーズに花を贈るうえで一番大事なことは「贈る花はあなたが考える」ということです。

そんなのあたりまえじゃん!って思ってます?

いやいや、考えるといっても花の色程度じゃまだまだです!彼女に贈る花をあなたがプロデュースしないと!

「花ってよくわからないから花屋さんにおまかせしちゃおう!」

コレだけはホント良く無いですよ!

プロにお願いすれば簡単ですがそれで良いんですか? あなたのこだわりは?彼女への想いは?プロポーズですよ!!

「彼女のイメージに似合いそうな花」「彼女のイメージに似合う色」「彼女の好み」など、彼女の事を誰よりも知っているあなただからこそ選ぶことが出来るはずです!

作ることはプロにまかせても、あなたの想いとこだわりを必ず入れて作ってもらいましょうよ!

こだわりすぎてあなた自身が作る!というのもアリかもしれませんけど・・・(笑)

作る作らないは別として、大切なのはあなたが考えるということです。

「あなたの想いとこだわりを入れた花」を贈る!

プロポーズの花をどうするか考えるときは、この事を忘れないようにしてくださいね。

プロポーズギフトの花ってどんな種類があるの?

他の男性はどういったプロポーズの花を贈っているか気になりますか?

プロポーズギフトフラワーとひとことで言っても色々ありますからね。

これは私の経験則で申し訳ないですが、プロポーズで一番多い花の贈り物は花束ですね。

花束はフラワーギフトの中でも定番で知名度が高いですからね。

花のことを詳しくない男性は多いですし、プロポーズの時に花束ならスマートに贈れそう!と考えるんでしょうね。

ですからプロポーズで花を贈る男性って花束を選ぶひとが多いんですよ。

花贈る君
じゃあ花束でいいかな?
サト
ちょ!ちょっと待って! 花束が多いとは言いましたけど、他にもプロポーズに合うフラワーギフトはありますからね!
花贈る君
そうなの?じゃあ教えてよ
サト
はい!よろこんで解説させていただきます!

プロポーズに贈るフラワーギフト

  • 花束
  • フラワーアレンジメント
  • プリザーブドフラワー
  • アーティフィシャルフラワー
  • BOXフラワー
  • ブーケ
  • リース

大きく分けるとこんな感じですね。特徴など説明していきますね。

王道&定番のプロポーズギフト「花束」

花束は、読んで字のごとく花を束にしたものです。(ってオイ!プロの説明じゃないぞ!)

すみません・・・(最近どうもつまらんギャグをいうクセが・・・)

気を取りなおしていきます。花束はスタイルが大まかに分けて2タイプあります。

丈の長いタイプ(スタンダード)
丈の長さ:約70cm~80cm程度

特徴:

  • 見た目が大きいのでボリュームがある。
  • 大きさがあるので持ち運びが不便。
  • 花瓶がないと飾る場所に困る。
  • インパクトが強い

丈の短いタイプ(ブーケ風)
丈の長さ:約30cm~40cm程度

特徴:

  • 見た目がかわいらしいイメージがある。
  • コンパクトで持ち運びが簡単。
  • ボリューム感は少ない。
  • インパクトが弱い。

プロポーズに贈る花束は、プロポーズをする場所や状況によって大きさが変わってきます。

たとえば、観覧車でプロポーズをするのに大きな花束は邪魔になりますよね。コンパクトで可愛らしい花束なら観覧車の中でも邪魔になりません。

その他にも、ホテルの部屋に入った瞬間のサプライズなら、大きい花束のほうが印象は強いでしょ?ベッド or テーブルの上に置いておくならインパクト重視です!

こんな風に花束はシチュエーションによって何を選べば良いかが変わってきます。

花束を選ぶときは2つのタイプの特徴などを参考に考えることをおすすめします。

花瓶のいらない飾れるプロポーズフラワー「フラワーアレンジメント」

フラワーアレンジメントって聞いたことあるけど良く知らないんだよね~って言う人がけっこういるんですよ。

何を隠そうあなたも知らないでしょ?

簡単に言いますと、花器の中の「オアシス」と呼ばれる吸水性スポンジに生花を挿してアレンジ (デザイン) した物のことです。

よくアレンジを見て「これは根があるの?」って聞く人がいますが根はありません。

花束につかう切花と同じ生花を使用するので1週間~10日ほどで枯れます。

サト
アレンジメントフラワーのことを細かく説明すると、すっごく長くなるので朝まで飲み明かしますか!
花贈る君
飲まへん!!早よ次行き!
サト
は~い・・・じゃあ続きはまたどこかの記事で書きます・・チッ!
花贈る君
今、チッ!って言った・・・?
サト
さ、次いきましょ~!

アレンジメントフラワーは器に活けてあるので花瓶が必要ないです。

ですから、プロポーズに贈ったらその場でそのまま飾れるという利点があります。

たとえば、レストランでプロポーズをしたあとテーブルの上に飾って会話を楽しむこともできます。

アレンジメントフラワー越しに彼女を見ながら将来のことを話すのも良いじゃないですか?ヒューヒュー!アツイネ!

また、吸水性のスポンジに挿してある利点 (水が無くなりにくい) を生かして長時間の保管も可能です。これって意外と重要で旅行先でプロポーズしたときなど、アレンジメントフラワーならホテルに2日~3日そのままにしても大丈夫なんですよ。

メリットばかり言ってきましたけど、アレンジメントフラワーにもデメリットはあります。

それは、持ち運びがちょっと重くて面倒ということです。

吸水性スポンジと器の重さが加わるため、花束より重くなるんですよ。持ち運びしながらの移動なんてホントに面倒。

袋に入れないと持ち運びしにくいというところもビミョウですね。

アレンジメントの特徴
「花瓶を用意しなくてもそのまま飾れて便利。でも持ち運びがメンドクサイ!」

枯れない魔法の花?プリザーブドフラワー 「プロポーズに贈って大丈夫?」

プリザーブドフラワーって聞いたことありますか?

造花なの?ドライなの?と良く聞かれることもありますが、どちらも違います。

元々は生花なんですよ。それをプリザーブド加工したものなんですね。

プリザーブド加工という特殊な加工をした生花から作られた花になります。

元は生花ですが枯れません。枯れないってすごいと思いませんか?プリザーブドフラワーが開発されたときは花業界に激震が走りましたからね。

「枯れない花が出来たら花屋がつぶれる!」ってね。

プリザーブド加工を説明すると長くなるので今回は省略しますが、生花の艶や風合いを残したドライフラワーのような花と考えてもらえばいいかと。(余計わからないかな・・)

生花と同じように花束やアレンジメントフラワーにすることができ、しかもとても軽いんです。

1本あたりの金額は高くなりますが、長い間きれいな花を見れるなら考えようによってはリーズナブルといえます。

保管状態が良ければ5年くらいは色落ちもせず飾ることができます。さすがに10年というと色落ちや風化が目立ちますけどね。

プリザーブドフラワーはプロポーズギフトとしても人気の高いアイテムですよ。

1本をおしゃれに加工したものから数万円する豪華なものまでデザインにも幅があります。

最近は花の種類も増え、色も様々でとてもカラフルです。生花では見ることのできないような色もプリザーブドフラワーなら色も加工されているので見ることができます。

もしかしたら彼女の好きな花の好きな色が見つかるかも?

例えばオレンジ色のアジサイや水色のガーベラなどプリザーブドフラワー独特の色もありますから。

それにプリザーブドフラワーは加工されたものだから水やりも必要なく温度変化にも強いためプロポーズギフトとしても場所を選びません。

隠しておくのも場所を考えなくていいからサプライズ向きだと思いますよ。

書いててメリットばっかじゃん!と思いましたが、デメリットもあります。

それは「湿気に弱い」「衝撃に弱い」「色移りすることがある」ということです。

元々は生花ですので極度の湿気が続くとカビがはえます。カビ嫌や~!

柔軟性が無いのでちょっとした衝撃で花びらがボロボロになったり、着色しているため布などに触れていると色移りすることもあります。

ですから彼女がプロポーズの嬉しさのあまりプリザーブドの花束を「ぎゅっ!」って抱きしめると・・・・・悲惨なことにも!きゃー!

プリザーブドフラワーをプロポーズに贈るなら扱いには特に気をつけたいですね。

デメリットもありますが、プロポーズギフトならとてもおすすめできる花ですよ。

プリザーブドフラワーは長く飾れるので、プロポーズの思い出を彼女と一緒にいつまでも分かち合うことができます。

「まんま生花じゃん!」「シルクのような手触り!」アーティフィシャルフラワーとは?

「シルクみたいな手触り!これって花なの?」

「なにこの花?造花?」

アーティフィシャルフラワーって知ってます?

ひとことで言ってしまえば造花です。

花贈る君
なんだ~造花か~。造花興味なし!
サト
まって!造花と言ってもアーティフィシャルフラワーはちょっと違いますから!

アーティフィシャルフラワー

  • 一般的な造花と違い高温・高圧力で成形された超高級造花
  • ポリエステル布から作られた限りなくリアルな生花に近づいた造花

高級ブティックや高級レストラン・ホテルなどの装飾として開発された本物の生花と間違えるくらい綺麗につくられた花なんです。

実はこの上の写真もアーティフィシャルフラワーなんですよ!

100えんショップで売っている造花とは艶感、質感とも全然違いますからね!

プリザーブドフラワーと違い湿度や衝撃にも強く、造花ですから水をあげたりすることも必要ないです。お手入れ楽チン!

花の色合いも出来るだけ生花に似せてグラデーションが入ってたりもしますから「まるで本物!」と見間違えますよ。マジで!

ただし、造花ですので近くでじっくり見ると布感はありますから、気になるひとは気にするかもしれないですね。

彼女の部屋にずっと飾ってほしいと考えるならアーティフィシャルフラワーもアリですよ!

彼女がふたを開けたら思わずにっこり!プロポーズに似合う花「ボックスフラワー」

「ふたをパカ!」

プロポーズでよく見るシーンですよね!女性の憧れのシーンでもある「ふたパカ!」(って勝手に略すな!)

そんなふたをパカ!っとあけたら花が見えるフラワーギフト!あったらいいと思いません?

花贈る君
そんないいものあるの?

あるんですよ!ボックスフラワーといってボックスの中に花が入っているプロポーズギフトが。

今では花屋さんでも良く見るようになったボックスフラワーですが、この商品を始めて見たときはビックリしましたよ。

花を贈るのに必要な要素をクリアーした商品だったからなんですけどね。

その要素っていうのは「サプライズ」「花を見せない」「コンパクト」ということです。

ボックスフラワーが考えられる前は花を見せない商品というものは存在していなかったと思います。少なくとも私の経験している間はありませんでした。

ふたを開けた瞬間のおどろきは、普通のフラワーギフトをもらったときよりも確実に大きいです。

それだけにボックスフラワーのサプライズ威力は抜群だと思いました。

コンパクトだけどサプライズ感は抜群で、簡単に持ち運べ隠す場所を選ばないって良いことづくめですよね。

サプライズってプロポーズには必要不可欠ですからね。ボックスフラワーならプロポーズの花贈りには最適です。

先ほども言いましたけど

  • 花が見えないからサプライズにおすすめ。
  • 「ふたパカ!」はプロポーズシチュエーションにピッタリ!
  • コンパクトだから隠しやすく持ち運びも簡単。

ボックスフラワーは、プロポーズのサプライズに特化した花だと思います。

花の内容も生花、プリザーブドフラワー、ドライフラワー、アーティフィシャルフラワーなどすべての花で作成可能ですから彼女の好きな花で選ぶことができるでしょう。

ボックスフラワー ← 覚えておいてください。ココ~!テストニデルヨ~!(笑)

他の人と一味ちがったプロポーズフラワーを選びたい!?( ブーケ & リース )

今まで紹介した花はプロポーズによく使用されるものです。

私の経験のなかには、少し違った趣向でプロポーズフラワーを選ばれる男性もいます。

参考になればと思いますのでお話しますね。

  • ブーケをプロポーズで贈る男性。
  • リースをプロポーズで贈る男性。

このふたつは意外と選ぶ男性が多い方かなとおもいます。

「プロポーズにブーケ?」「そうさ!結婚式をイメージしたいからね!」

ブーケってあのブーケですよ!

ブーケって結婚式に花嫁がもつ花です。あなたも見たことがあるでしょう?

結婚を意識したプロポーズだからブーケを贈りたいっていう男性もいます。

プロポーズにブーケを贈ることのメリットは「彼女が結婚式以外にもブーケを持つことが出来る!」これでしょうね。

ブーケって結婚式に持つものと考えると、一生に一度しか持てないものということになります。これって意外と落とし穴だったりするんですよ。

彼女がどんなブーケが似合うかなんて、持ってみないとわからないじゃないですか?

持ったことのないものを、イメージをふくらまして考えるって思いのほか大変かと。

だから、プロポーズにブーケを贈ることで、彼女自身も結婚式に持つブーケのイメージが湧きやすい = 彼女が結婚式に持ちたいブーケを考える手助けになる。ということですよね。

他にもブーケ自体の大きさも分かりますからイメージがすごくしやすいと思いますよ。

プロポーズにブーケを贈る!って考え方は私には盲点でした。お客様から教わったことです。「なるほどな~」って思いました。日々精進ですね!

実はプロポーズに贈っても大丈夫!幸せを運ぶ「リース」

クリスマスになると玄関に飾られるリース。

実は、リースをプロポーズに贈る男性がいるってあなたは知ってますか?

すごく稀にですがプロポーズに「リース」って考える男性がいます。

リースと言っても、クリスマスの時に玄関へ飾るようなキラキラ!な感じじゃなく、プロポーズ用に作った可愛らしいものですけどね。

終わりのない形のリースは「永遠」という意味があるんですよ!それに幸せを呼ぶ魔除けとしても飾られたりします。

玄関に飾る理由としては「永遠に幸せでいられる」というおまじない的な意味があるんですね。

ですから永遠の愛を誓うプロポーズならリースを贈るのも悪くないと思いませんか?

「あなたと彼女が永遠に幸せでいられるように」ってね?

リース & ブーケいかがでした?他の人と一味違ったプロポーズフラワーを贈りたい!って思うなら参考にしてみてくださいね。

まとめ

いやー思いのほか長文になってしまいました。スミマセン!

今回は前編ということで、

  • どんな風に花を選べばいいのか?
  • プロポーズギフトの花ってどんな種類があるの?

というテーマにしぼって解説しました。

プロポーズに花を贈るといっても何もわからない!ってあなたに少しでもお役にたてればと思い今回はプロポーズフラワーの種類を中心にお話しています。

プロポーズのフラワーギフトはメリット・デメリットも含め様々なものがあります。

シチュエーション・ロケーション・どんなプロポーズにしたいかによって選ぶ花の種類も変わってきます。

それでも選ぶのは「あなた」です。

あなたがいちばんいいな!と思った花を彼女に贈ることが大切です。

近くの花屋さんに相談してみるのも良いかもしれないですね。

素敵なプロポーズ花贈りをしてください。

次回はこの記事のつづきを書きたいと思います。

あなたのプロポーズが成功することを心から祈っています。

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

以上、プロが教える!プロポーズに贈る花の種類、おすすめはコレだ!前編でした。

後編はこちらからどうぞ

プロが教える!プロポーズに贈る花の種類、おすすめはコレだ!後編

~ 後編 ~ 前編の記事はこちらで書いてあります。 前編ではプロポーズで贈る花の種類 (スタイル) ...

続きを見る

また次回の記事でお会いしましょう。後編もお楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-プロポーズ
-, , , ,

Copyright© はな極 ー花kiwamiー プロが教える花贈りブログ , 2018 All Rights Reserved.